平成15年の出来事

平成15年(2003)

戦後昭和史 > 平成15年(2003)

出来事

01/14 小泉純一郎首相が靖国神社参拝。3年連続3回目で、中韓両国は反発。
01/16 ゼネコン汚職事件であっせん収賄罪に問われた元建設相中村喜四郎被告の上告を最高裁が棄却。懲役1年6カ月の実刑確定、議員は失職し、2月13日収監。
01/18 天皇が東大医学部付属病院で前立腺全摘出手術を受ける。
02/01 米スペースシャトル「コロンビア」が大気圏再突入時に空中分解、乗員7人全員が死亡。
02/18 北朝鮮脱出者とみられる4人が北京の日本人学校に駆け込む。3月21日に韓国入り。
02/25 韓国大統領に慮武鉱が就任。北朝鮮に対し「太陽政策」の継承・発展を表明
03/15 5日に開幕した全国人民代表大会で新しい国家主席に胡錦涛・共産党総書記を選出。
03/20 米軍がイラクの首都バグダッドの拠点を攻撃。同日夜、地上戦に突入(イラク戦争開始)。
03/23 宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』が第75回米アカデミー賞の長編アニメーション映画賞を獲得。
04/1 日本郵政公社発足
04/9 米英軍がイラクの首都バグダッドを制圧、フセイン体制崩壊。ブッシュ米大統領が戦闘終結を宣言。
04/14 ヒトゲノム解読完了。小泉首相ら6カ国首脳が宣言文。読みとり可能な99%を解読。
04/15 東京電力が福島第一原発6号機の発電を止め、全17基が停止した。トラブル隠しや検査偽装の発覚により、02年9月から順次停止。
04/16 WHOが、2002年11月に中国広東省から流行した新型肺炎を「重症急性呼吸器症候群(SARS)」と命名。
05/14 警視庁などが白ずくめ団体「パナウェーブ研究所」の関連施設を一斉捜索。
05/16 日本道路公団が否定してきた財務諸表の存在が明らかになる。公団は6000億円の債務超過に陥っていた。
05/17 政府が、自己資本不足に陥ったりそなグループに公的資金を注入することを決定。注入額は1兆9600億円。
05/23 個人情報保護法が成立。民間事業者や行政機関などを対象にした関連5法が成立。報道機関など5分野は適用除外に。
06/6 武力攻撃事態対処法など有事法制関連3法が与党3党と民主、自由両党などの賛成で成立。戦時の体制整備を目的とする有事関連法の成立は戦後初めて。
06/12 仏アヌシー国際アニメーションフェスティバルで山村浩二監督の『頭山』がグランプリ。
06/27 骨太の方針第3弾を決定。政府が「経済財政運営と構造改革に関する基本方針」を閣議決定。国と地方の税財政の「三位一体の改革」や規制改革など七つの改革を盛り込む。
07/9 長崎市で12歳の少年が、幼稚園児を立体駐車場から突き落として殺害したとして補導される。
07/18 政策秘書2人分の給与約1880万円の詐欺容疑で辻元清美・元社民党衆院議員らを逮捕。
07/26 「非戦闘地域」への自衛隊派遣を可能にするイラク復興支援特別措置法が与党3党の賛成多数で参院で可決、成立。
08/21 『踊る大捜査線 THE MOVIE2』が実写邦画の興行収入1位に。公開1カ月で約111億円。
08/25 北朝鮮の貨客船万景峰号が7ヵ月ぶりに新潟入港。船舶安全法違反(定員超過)容疑で船長が書類送検され、10月16日に起訴猶予。
08/25 住民基本台帳ネットワーク本格稼働
08/25 インド・ムンバイ市内2カ所で同時爆弾テロ。
08/27~29 北朝鮮核問題をめぐる6者協議開催。
08/28 大阪地裁が大阪教育大付属池田小の児童殺傷事件で、宅間守被告に死刑判決。9月26日、弁護人による控訴を取り下げ、刑が確定。
09/09 厚労省の全国高齢者名簿(長寿番付)で国内の100歳以上が2万人を超したことが判明。
09/20 自民党総裁選で小泉首相が再選。21日安部晋三を幹事長に。22日自民、公明、保守新の3党連立の小泉第2次改造内閣発足。竹中平蔵経済財政・金融相は続投で決着。
09/24 民主、自由両党が合併協議書に調印、新「民主党」誕生
09/26 北海道で十勝沖地震発生。死者行方不明者2人、849人が負傷。
10/10 日本産トキのキン(雌)が、新潟県佐渡島の佐渡トキ保護センターで死亡これにより日本産のトキが絶滅
10/15 中国が神舟5号で、旧ソ連、米国に続く3カ国目の有人宇宙飛行を成功。
10/23「73歳定年制」の適用で宮沢喜一元首相が政界引退表明。27日中曽根康弘元首相も。
10/24 石原国土交通相が一連の問題の責任を問う形で、藤井治芳日本道路公団総裁を解任。11月20日近藤剛参院議員が後任に。
11/09 第43回衆議院議員総選挙。13日社民党大敗の責任を取って土井たか子党首が辞任。後任は福島瑞穂幹事長。17日保守新党が自民党に合流、自民党は単独過半数を回復。
11/19 第2次小泉内閣が発足。首相は17人の閣僚を全員再任した。
11/29 イラク北部を車で移動していた奥克彦・在英大使館参事官と井ノ上正盛・在イラク大使館3等書記官が襲撃され、殺害される。
12/01 東京・名古屋・大阪で地上デジタル放送開始
12/09 政府は臨時閣議で、イラクへの自衛隊派遣の概要を定めた基本計画を決定。
12/13 米軍、フセイン元イラク大統領をティクリート近郊で拘束。
12/23 ワシントン州の牛について、米農務省が牛海綿状脳症(BSE)感染を発表。24日政府は加工食品を含む新たな米国産牛肉の輸入停止

歌謡曲(オリコンTOP10)

1 「世界に一つだけの花」SMAP 210.8万
2 「虹/ひまわり/それがすべてさ」福山雅治 89.3万
3 「COLORS」宇多田ヒカル 88.1万
4 「さくら (独唱)」森山直太朗 78.9万
5 「月のしずく」RUI 77.8万
6 「明日への扉」I WiSH 75.2万
7 「涙の海で抱かれたい ~SEA OF LOVE~」サザンオールスターズ 73.7万
8 「&」浜崎あゆみ 59.1万
9 「HERO」Mr.Children 54.5万
10 「大切なもの」ロードオブメジャー 51.8万

書籍ベストセラー

養老孟司著『バカの壁』が232万部を突破、教養系新書の最多部数に。佐藤秀峰『ブラックジャックによろしく』(漫画)、山田貴敏『Dr.コトー診療所』(漫画)、石川優吾『カッパの飼い方』(漫画)、石田衣良『4TEEN フォーティーン』
・ベストセラー
片山恭一『世界の中心で、愛をさけぶ』、フジテレビトリビア普及委員会編『トリビアの泉~へえの本』

映画

『踊る大捜査線THE MOVIE2』(本広克行監督、織田裕二)、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(クリス・コロンバス監督、ダニエル・ラドクリフ)、『マトリックス・リローデッド』(キアヌ・リーブス)、『座頭市』(北野武監督、ビートたけし)

TV

『てるてる家族』『冬のソナタ』『GOODLUCK!!』『白い巨塔』『トリビアの泉~素晴らしきムダ知識~』

CM

「燃焼系、燃焼系、アミノ式」(サントリー)

プロ野球

優勝チーム:ダイエー(パ)4-3 阪神(セ)

首位打者:小笠原道大(日本ハム).360 今岡誠(阪神).340
本塁打王:T.ローズ(近鉄)51本 A.ラミレス(ヤクルト)T.ウッズ(横浜)40本
打点王:松中信彦(ダイエー)123点 A.ラミレス(ヤクルト)124点
盗塁王:井口資仁(ダイエー)42個 赤星憲広(阪神)61個

最多勝:斉藤和巳(ダイエー)20勝 井川慶(阪神)20勝
最優秀防御率:斉藤和巳(ダイエー)松坂大輔(西武)2.83 井川慶(阪神)2.80
最優秀救援:豊田清(西武)40SP 高津臣吾(ヤクルト)32SP

新人王:和田毅(ダイエー)木佐貫洋(巨人)
沢村賞:斉藤和巳(ダイエー)・井川慶(阪神)
MVP:城島健司(ダイエー)井川慶(阪神)

流行語

毒まんじゅう、なんでだろう~、マニフェスト、勝ちたいんや!、コメ泥棒、SARS、年収300万円、ビフォーアフター、へえ~、マニフェスト、バカの壁、スローライフ、セレプ、オレオレ詐欺、ユビキタス、ゲッツ

スポーツ

●大リーグの野茂英雄(ドジャース)がジャイアンツ戦で大リーグ通算100勝を達成(4月20日)
●冒険スキーヤーの三浦雄一郎が、世界最高齢70歳でエベレスト登頂に成功(5月22日)
●プロボクシング世界スーパーフライ級王者の徳山昌守が、判定勝ちで7連続防衛(6月23日)
●北島廉介が世界水泳選手権100メートル平泳ぎで21日に世界新記録で優勝したのに続き、200メートルでも世界新で優勝(7月24日)
●体操の世界選手権で、鹿島丈博があん馬で日本初の金メダルを獲得(8月23日)。翌24日の鉄棒も金
●世界陸上男子200メートルで末続慎吾が20秒38で3位に入り、短距離種目で日本人初のメダル(8月29日)
●柔道の世界選手権女子48キロ級で、田村亮子が6連覇し自己の連覇記録更新(9月14日)
●プロ野球セ・リーグで星野仙一監督率いる阪神が18年ぶりに優勝(9月15日)
●フィギュアスケートのグランプリファイナルで、村主章枝がショートプログラムに続き、自由も首位で日本人初優勝(12月13日)

ファッション

●ヌーブラが大ヒット
●アシンメトリーのスカートが流行

商品・新製品

●花王が特定保健用食品の「ヘルシア緑茶」を発売(5月)
●松下電器が、洗濯槽が斜めになった洗濯機を発売(11月)
●アミノ酸飲料・にがり・体質改善緑茶・豆乳・虫歯予防ガムなどがブームに
●DVDレコーダー、薄型(プラズマ・液晶)テレビがヒット

追悼

01/12 深作欣二 72歳 (映画監督)
01/16 秋山庄太郎 82歳 (写真家)
03/02 生島治郎 70歳 (小説家)
03/07 黒岩重吾 79歳 (小説家)
03/23 天本英世 77歳 (俳優)
03/25 古尾谷雅人 45歳 (俳優) ※自殺
05/06 宜保愛子 70歳 (霊能者)
06/12 グレゴリー・ペック 87歳 (俳優)
06/24 名古屋章 72歳 (俳優)
07/11 小松方正 76歳 (俳優)
08/09 沢たまき 66歳 (歌手・女優)
08/30 チャールズ・ブロンソン 81歳 (俳優)
09/19 河原崎長一郎 64歳 (俳優)
09/25 夢路いとし 78歳 (漫才師)
10/01 ジョージ川口 76歳 (ジャズドラマー)
10/24 団令子 68歳 (女優)
10/26 小林千登勢 66歳 (女優)
12/05 バーブ佐竹 68歳 (歌手)
12/26 白井義男 80歳 (プロボクサー)

pagetop